忌宮神社イメージ

忌宮神社ブログ

2021/07/29真夏の夜の…

皆様、ご無沙汰しております。

 

昨夜宿直の業務として境内の見回りをしておりました際、とても綺麗な星々が目に入り、後ほどいくつか写真に収めました。

あまり高性能では無い私物のカメラで撮りましたので少々粗いものですが、夏の楽しみとしてご覧いただければと思います。

 

まずは北斗七星と北極星です。

DSCF1437_1

柄杓に似た北斗七星はおおぐま座のお尻から尾にかけて、北極星はこぐま座の尾の先端にあたるのだそうです。この写真にはこぐま座の全体が写っております。

 

DSCF1460_1

社殿、毛利家幟と共に。

DSCF1470_1

こちらにも北極星が写っております。

 

そしてもう一つは。

DSCF1448_1

電線に絡むように連なる星々。さそり座です。左端にいて座の、上にへびつかい座のそれぞれ一部が、さそり座の右側にはてんびん座も見えております。

DSCF1476_1

こちらは少しピンボケした写真ですが、この方が却ってアンタレスの赤々とした輝きが鮮明に写った特徴ある一枚です。

アンタレスは赤色超巨星という、太陽の数百~数千倍以上もの大きさや輝きを持つ赤く光って見える恒星です。

 

 

今回ご紹介した星座は当記事を編集したく後から調べたものなのですが、詳しく判らない状態でも何となく星々を線で繋げられそうな気がして見入ってしまうのは、古くから洋の東西を問わず神話や生活に活かされてきた神秘的な美しさ故なのでしょう。

また北斗七星がここまで大きなものだとは知らなかったため、しばらくそれと判らず驚いたのも昨夜の楽しさでした。

 

神社周辺は街灯も多くなく、境内であれば建物や木々で周囲の光が遮られるのも観測には好条件だったかも知れませんが、星座は空気の澄んだ冬場の方が観測しやすいと聞いた事があったので、真夏にもこんなにはっきりと見る事が出来て幸せな夜でした。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
宗教法人 忌宮神社
http://www.iminomiya-jinjya.com/
Facebookページ
https://www.facebook.com/iminomiya
Instagram
https://www.instagram.com/iminomiyajinjya_official/
ホトカミー参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト
https://hotokami.jp/area/yamaguchi/Hrstm/Hrstmtk/Dpmas/87611/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:山口県下関市長府宮の内町1-18
TEL:.083-245-1093 FAX:083-245-9426
Email:iminomiya@galaxy.ocn.ne.jp
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆