忌宮神社イメージ

忌宮神社ブログ

2013/02/13古事記(5)

,

20130112132751

 

国を生み終えたイザナキとイザナミは神を産むことにしました
まず産まれた神は、オホコトオシヲノ神、イワツチビコノ神・イワスヒメノ神、オホトヒワケノ神です
次にアメノフキヲノ神がその後にオオヤビコノ神、カザモツワケノオシヲノ神が産まれます

さらには海の神であるオホワタツミノ神、水戸の神であるハヤアキツヒコノ神・イモハヤアキツヒメノ神の十神が産まれました

さて、ハヤアキツヒコとハヤアキツヒメはそれぞれ河と海を別けた時に産まれたのがアワナギノ神とアワナミノ神、ツラナギノ神、アメノミクマリノ神・クニノミクマリノ神、アメノクヒザモチノ神・クニノクイザモチノ神の八神が産まれます

イザナギとイザナミの神産みは続きます
風の神シナツヒコノ神、木の神ククノチノ神、山の神オオヤマツミノ神、野の神カヤノヒメノ神(ノヅチノ神)の四神が産まれました

オホヤマツミノ神とノヅチノ神が山と野原を別けた時に産まれたのがアメノサツヂノ神・クノサヅチノ神、アメノサギリノ神・クニノサギリノ神、アメノクラトノ神・クニノクラドノ神、オホトマトヒコノ神・オホトマトヒメノ神の八神です

いよいよ神産みを大詰めです

トリノイハクスフネノ神(アメノトリフネ)、オホゲツヒメノ神、ヒノヤギハヤヲノ神(ヒノカガビコノもしくはヒノカグツチノ神)が産まれます

最後に産まれたヒノカグツチノ神は火の神であった為、イザナミは大火傷を負い、身体を癒そうとする中病に倒れます

イザナギは看病をするもイザナミの病は悪くなるばかりです
この時、イザナミの汚物から産まれた神がハニヤスビコノ神・ヤニヤスビメノ神、ミツハノメノ神・ワクムスヒノ神です。このワクムスヒノ神の子はトヨウケビメノ神と云います

そして、イザナキの看病も虚しくイザナミは病の末とうとう亡くなってしまいました

つづく

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
宗教法人 忌宮神社
http://www.iminomiya-jinjya.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:山口県下関市長府宮の内町1-18
TEL:.083-245-1093
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆