忌宮神社イメージ

忌宮神社ブログ

RIMG0079

 

境内で飼育されていますニワトリ(烏骨鶏など)です

二月も下旬になり、日も長くなってきましたね

1月30日から節分まで「鶏始めて乳す(とりはじめてにゅうす)」(※春を迎える準備を鶏たちが始め、タマゴを産み始めるようになる頃)と云うそうですが、そういえばタマゴを産み出したのもその頃だった気がします

で、ご存じ方も多いと思いますがニワトリさんたちはタマゴをある程度産むと暖めはじめます
自分の下にタマゴがあろうとなかろうとです……(ちなみに今はお腹の下はからっぽです)

右のニワトリさんはタマゴをとられると思って羽を膨らませて怒っております
左は何しに来たのと此方をガン見してますね 警戒されてます

あと一月くらいあとなら良いんですが少々寒いのでヒヨコがうまれても困りますんで来月あたりにまたタマゴを抱いてもらいます

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
宗教法人 忌宮神社
http://www.iminomiya-jinjya.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:山口県下関市長府宮の内町1-18
TEL:.083-245-1093
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

20130112132751

 

イザナミに逢う為にイザナキは黄泉国へと続く坂道を地下へ地下へと下りました

死者の跋扈する平原の中に大きな御殿がありました
イザナキが黄泉国に来たことをしったイザナミは御殿から出て彼を出迎えました

妻を見つけたイザナキは大いに喜びイザナミの所へ駆けて行き云いました
「愛しい妻よ、私たちがつくった国は、まだまだ未完成です。共に現世に戻りましょう」

哀しげにイザナミは答えます
「……もっと早くに来て下されば戻ることもできたでしょうが、私はすでに黄泉国の食物を食べてしまいました。ですが、愛しいあなたが、現世より迎えに来て下ったのです。無理を承知で黄泉国の神にご相談してみます。その間は私の姿を見ないで下さい」

こう云ってイザナミは御殿の中へ帰って行きました……
待てども待てどもイザナミが御殿から出てくることは無く、待ちきれなくなったイザナキはイザナミの注意を聞かず御殿に入ってしまいました。中は真っ暗で何も見えません
イザナキは髪に挿していた櫛の歯を1本折り、火をともして中の様子を窺うと妻の姿を見つけました

その姿にイザナキは驚きました。美しかった女神イザナミはその面影もなく身体には蛆がたかり、頭や手足に胸やお腹には8柱の雷神が生えていました

あまりの恐ろしさにイザナキは御殿を飛び出します。醜い姿を見られたイザナミは怒り「わたしによくも恥をかかせた」と吠え、黄泉国の醜女(しこめ)に命じイザナキを追いかけさせました

つづく

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
宗教法人 忌宮神社
http://www.iminomiya-jinjya.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:山口県下関市長府宮の内町1-18
TEL:.083-245-1093
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

20130112132751

 

妻のイザナミを失ったイザナキは
「いとしい妻を1柱の子に代えようとは思いもよらなかった……」
とイザナミの枕元で何日もの間、嘆き哀しみました。
イザナキの瞳から溢れた涙は形を成しナキサワメノ神が産まれました

その後、イザナミノ命は出雲国(島根県東部)と伯耆国(鳥取県中西部)の境にある比婆の山に葬られました

イザナミの葬儀の後、イザナキは腰に佩いていたアメノヲハバリ(イツノヲハバリ)と呼ばれる大きな剣を抜いてイザナミの死の原因となった火の神カグツチノ神に斬り掛かりその頸を落としました

すると、御剣ついた血が聖なる岩に飛び散りそこからイハサクノ神とネサクノ神、イハツツノヲノ神、ミカハヤヒノ神、ヒハヤヒノ神、タケミカヅチノヲノ神(タケフツノ神)が現れました

また、剣の柄と指から滴った血からはクラオカミノ神とクラミツハノ神が現れました……

亡骸となったカグツチノ神からもたくさんの神が産まれ出でます
マサカヤマツミノ神・オドヤマツミノ神・オクヤマツミノ神・クラヤマツミノ神、シキヤマツミノ神・ハヤマツミノ神・ハラヤマツミノ神・トヤマツミノ神です

妻イザナミを失った哀しみから立ち直る事ができないイザナキはイザナミに一目でも逢いたいと黄泉国(死者の国)に向かいました

つづく

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
宗教法人 忌宮神社
http://www.iminomiya-jinjya.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:山口県下関市長府宮の内町1-18
TEL:.083-245-1093
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

RIMG0077

 

境内社荒熊稲荷神社の左手に植わっている白梅もほころびはじめました

途中で曲がって…折れて…また、中が空洞になってもこの様に毎年花をつけてくれます
人間もこの木のようにありたいです…

明治前期の境内絵図にも載っていますので相当な老木なのでしょう

右手に植えられた紅梅の花粉と上手いこと受粉してくれて、たくさん実がなることを祈ります

これら白梅と紅梅からできた梅の実も忌宮神社が正月に授与しております福梅になるので毎年できが気になりますね……

昨年は実が大分虫にやられたので今年は注意して早めに袋をかぶせましょう

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
宗教法人 忌宮神社
http://www.iminomiya-jinjya.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:山口県下関市長府宮の内町1-18
TEL:.083-245-1093
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

20130112132751

 

国を生み終えたイザナキとイザナミは神を産むことにしました
まず産まれた神は、オホコトオシヲノ神、イワツチビコノ神・イワスヒメノ神、オホトヒワケノ神です
次にアメノフキヲノ神がその後にオオヤビコノ神、カザモツワケノオシヲノ神が産まれます

さらには海の神であるオホワタツミノ神、水戸の神であるハヤアキツヒコノ神・イモハヤアキツヒメノ神の十神が産まれました

さて、ハヤアキツヒコとハヤアキツヒメはそれぞれ河と海を別けた時に産まれたのがアワナギノ神とアワナミノ神、ツラナギノ神、アメノミクマリノ神・クニノミクマリノ神、アメノクヒザモチノ神・クニノクイザモチノ神の八神が産まれます

イザナギとイザナミの神産みは続きます
風の神シナツヒコノ神、木の神ククノチノ神、山の神オオヤマツミノ神、野の神カヤノヒメノ神(ノヅチノ神)の四神が産まれました

オホヤマツミノ神とノヅチノ神が山と野原を別けた時に産まれたのがアメノサツヂノ神・クノサヅチノ神、アメノサギリノ神・クニノサギリノ神、アメノクラトノ神・クニノクラドノ神、オホトマトヒコノ神・オホトマトヒメノ神の八神です

いよいよ神産みを大詰めです

トリノイハクスフネノ神(アメノトリフネ)、オホゲツヒメノ神、ヒノヤギハヤヲノ神(ヒノカガビコノもしくはヒノカグツチノ神)が産まれます

最後に産まれたヒノカグツチノ神は火の神であった為、イザナミは大火傷を負い、身体を癒そうとする中病に倒れます

イザナギは看病をするもイザナミの病は悪くなるばかりです
この時、イザナミの汚物から産まれた神がハニヤスビコノ神・ヤニヤスビメノ神、ミツハノメノ神・ワクムスヒノ神です。このワクムスヒノ神の子はトヨウケビメノ神と云います

そして、イザナキの看病も虚しくイザナミは病の末とうとう亡くなってしまいました

つづく

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
宗教法人 忌宮神社
http://www.iminomiya-jinjya.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:山口県下関市長府宮の内町1-18
TEL:.083-245-1093
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

下関市のご祈願、ご祈祷は是非忌宮神社にいらっしゃって下さい。

下関市の忌宮神社は長い歴史を持つ由緒正しい伝統のある神社ではありますが、
忌宮神社で送る日常や行事を皆様により伝わりやすいようにブログで綴っております。
地元下関市を初め様々な地域の方にブログを通し繋がって行きたいと、
下関市の忌宮神社は考えております。