忌宮神社イメージ

八坂神社例祭・夏越祭

natu01.jpg   natu02.jpg

境内社である八坂神社の例祭であり「夏越の祓い」とも言われます。
「人形(ひとがた)に 己が災厄 吹き移し 茅の輪 くぐれば 清がしかりけり」
人形に名前・年齢を書き、息を吹きかけ、体を撫でて初穂料と共に神社に納めになり、
茅の輪をおくぐり下さい。
茅の輪は直径1.8mほどで神職達によって作られます。
一日、百巻の大祓詞を奏上し三日間で三百巻の奏上を行い日頃の罪穢れを祓います。